2.企業理念


ピュアズ・ジャパンは、真に安全・安心・信頼のおける原材料および製品を 消費者の皆さまの立場にたった視線で選定し、輸入・製造から販売までを 行い、「食と健康」を情報とともに提供する会社です。

・天然素材100%にこだわる

・土壌の状態にこだわる

・生産者にこだわる

・国内産にこだわる

・在来種にこだわる

・化学肥料や農薬を使用しない作物にこだわる

・食品添加物を使用しない製品にこだわる

・日本の伝統食・保存食にこだわる

・発酵食品にこだわる

・学術的根拠にこだわる

現代社会に横たわるさまざまな問題点を見据え、わたくしたちは、 食の面から「養生する」というテーマを掲げて企業活動を行っています。

疲弊した日本の土壌と農業。そして、日本人のカラダを「養生する」仕事。

日本の農地は、1930年代から始まった大量消費を支えるために、危険な農薬や化学肥料を大量に 与えられ疲弊しきっています。地力の低下した土壌からは不健康な作物しか育ちません。

そんな食物からカロリーは摂取できても、ミネラルやビタミン・微量元素など、 人間の正常な生命維持活動にもっとも必要な成分が摂取できなくなっているのです。 このことが現代人の健康障害をもたらしている一因といっても過言ではありません。

わたしたちは作物の「根っこ=土壌」が疲れ切ってしまっていることに着目し、土壌改良をふくめ、 ほんとうに健康のために必要な農作物や、食材・加工品を、国内産は勿論、世界中からも 「自然素材そのまんま」の商品をお届けしようと動きはじめました。

たんなる理念ではなく、安全面で納得のいく「厳選商品」と「信頼できる送り手」 を用意して、日本の「食」を着実に変えてゆく。

それが、わたしたちの「養生する」という企業テーマなのです。

「安全性」を根っこから改革。 そして、健全な「つくる、売る、買う」循環へ。

原油や穀物の高騰などにより様々な食品が相次いで値上がりをし、 外国産への依存の多さに疑問符が投げかけられています。

食料の高騰は、自給率が30%台になった資源を持たない国「日本」を直撃する危機的な問題です。

そのことを見据え、日本人の「こころ」と「知恵」と「素の素材性」を結集し、 より安心できる「食」の暮らしづくりを支援したいのです。

「食」とは、いい食材を生産・製造する人がいて、 それを安全であるかを吟味して消費者のもとへお届けする人がいる。

そういう「作り手・売り手・買い手」の融合した健全な循環があってこそ、 食の安全と健康が確保され、この循環がすなわち自給率アップにつながってゆきます。

この問題に誰もが「気づき」、すべての人々が食の有り方を変えてゆくことが必要だと考えます。

いままでのような「利益のみの追求主義」や「社会的立場を忘れた」 メーカー側の論理が通用する時代は終わりました。

いままさに「健康や安全を第一に」商品を選ぶ時代が来ているのです。

供給側の企業に求められるのは「生活者が真に求めるもの “ 商品と情報 ” を提供する」ということです。

消費者の皆さまの立場にたって「安全な食品を選び、提供する」。

それを、いま実現し、次の世代へ受け継がれる「食」の文化を育む。

ピュアズジャパンは、そうした真に消費者から信頼されるブランドをめざしています。